名 称 主な内容
企  画
  1. 建築主のイメージを聴取する。
  2. 関係法令を大まかにチェックする。
  3. 技術的な検討を行う。
  4. 建築主と当初のイメージについて打合せをし、再度検討する。
  5. 建築主のイメージに基づき企画図を作成する。
    (配置図、平面図、立面図、パース等)
  6. 概算見積書を作成する。(必要な場合)
基本設計
  1. 建築主の要望を詳細に聴取する。
  2. 関係法令を可能な限り詳細にチェックする。
  3. 詳細な技術的検討を行う。
  4. 建築主の要望に基づき基本設計図を作成する。
    (配置図、平面図、立面図、展開図等)
  5. 建築主との打合せにより、その要望を具体化し、方針を決定する。(打合せは要望が具体化され、方針が決定するまで何度でも行う)
  6. 概算見積書を作成する。(必要な場合)
実施設計
  1. 構造計算を行う。(必要な場合)
  2. 基本設計で決定した方針を基に実施設計図を作成する。
  3. 建築物全体又は各部分について関係法令を詳細にチェックする。
  4. 設計見積書を作成する。(必要な場合)
  5. 建築確認申請等の諸手続きについて建築主に協力する。
工事監理
  1. 工事施工業者選定について建築主に協力する。
  2. 施行業者の内訳書の内容をチェックする。
  3. 設計意図を施工業者に説明し、必要に応じて部分的な詳細図を作成する。
  4. 工事計画・施工図等をチェックする。
  5. 施工の各段階において必要な検査を行う。
  6. 定期的に現場打合せを行い、各仕上材料等の必要事項を決定する。
  7. 工事の進捗状況をチェックする。
  8. 変更等が生じた場合、設計図書を作成する。また、その際の見積をチェックする。
  9. 契約内容に従い、出来高判定を行う。
  10. 関係官公署庁の検査に立ち会う。
  11. 引渡しに立ち会う。
申請・手続
  1. 建築物又は工作物の確認申請
  2. 建築物又は工作物の中間検査申請
  3. 建築物又は工作物の完了検査申請
  4. 住宅金融公庫の設計審査申請
  5. 住宅金融公庫の現場審査申請
  6. 開発行為許可申請
  7. 道路占用許可申請
  8. 道路自営工事承認申請
  9. 農地転用許可申請
  10. 河川法許可申請
  11. その他
調査・鑑定
  1. 建築物の現況調査
  2. 建築物の耐力度調査
  3. 建築物の耐震診断
  4. 公庫融資住宅調査
  5. その他
敷地測量 当事務所で行う敷地測量は、建築する為に必要なデータを確保するのが目的です。 測量会社や土地家屋調査士が行う測量とは全く違います。 計画建物の配置を想定し、部分的に敷地境界や高低差を細かく測ったりすることもあります。 境界確定等は当事務所の業務ではありません。あくまでも敷地境界が明確になっていることが前提です。 敷地内に既存建築物がある場合には、当然、既存建築物の位置・寸法等も測ることになります。
プリンタ出力用画面
友達に伝える